過払い金発生のメカニズム

消費者金融からの借金が返済できない!そんな時はこの方法!

MENU

過払い金は借金の返済に含まれている過剰利息を計算する

過払い金と言うのは、借金の返済に含まれている過剰利息の事を意味しています。

 

過剰利息と言うのは、本来支払う必要の無い利息の事を意味しており、
過払い金返還請求を行う事で支払いすぎた利息を取り戻すことが可能になるのです。

 

 

そもそも、この過剰利息が発生した理由は、従来の法律の中に二つの法律が存在していたことが挙げられます。
一つは利息制限法と呼ばれる法律、もう一つは出資法と呼ばれる法律です。

 

 

利息制限法における上限金利は20.0%となり、
出資法の上限金利は29.2%と言う金利が定められていました。

 

消費者金融は、出資法の上限金利を超えた場合は罰則に値しますが、
これを越えなければ法律上は違反と言う形にならなかったのです。

 

 

尚、消費者金融が適用していた貸付金利と言うのは、
利息制限法の上限金利と、出資法の上限金利の間にあるグレーゾーン金利で貸付を行っていたのです。

 

 

しかしながら、貸金業法が改正されたことで、グレーゾーン金利は廃止されました。

 

また、出資法の上限金利は出資法の上限金利に引き下げられ、
利息制限法の上限金利を越えた金利で借金をしていた人は過払いと言う事が認められたのです。

 

 

さらに過払い金の返還請求と言うのは、
利息制限法の上限金利を越えた貸付金利で借金をしていた場合に、
返済に含まれている過剰利息を計算する事になります。

 

これは消費者金融に対して取引履歴の開示を求め、
引き直し計算を行う事で過剰利息を計算する事が可能になります。